医療全身脱毛に導入されているレーザーの仕組みと特徴

医療全身脱毛で使われているレーザーの種類について

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは、美容クリニックなどで最も多く導入されているレーザーです。産毛や細い毛もきちんと反応して綺麗に脱毛することができます。機器の先端部分にはクーリングチップというものが付いており、レーザーで火照った肌を冷やしながら施術を行なうことができるので、火傷のリスクを抑えてくれます。全身脱毛で、細かい産毛まで綺麗に処理したいという人に向いているタイプのものです。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは、1997年にアメリカから日本に導入されたレーザーで、抜群の脱毛効果を持っています。1回の施術で広範囲の脱毛を行なうことができるため、短時間で完了するのも大きな特徴です。本来はシミ治療のために開発された機器なので、黒い色素に反応してレーザーが照射されます。そのため、黒くて太い毛に悩んでいる人で、肌が白い場合だとより高い効果を発揮することができます。

YAGレーザー

YAGレーザーは、メラニン色素に反応して照射されるレーザーです。元々はタトゥー除去のために開発された機器なので、脱毛以外にもシミやほくろの除去にも活用されています。一瞬にして皮膚の奥までレーザーが照射されるので、皮膚への負担を軽減することができます。また、レーザーの出力を自在に調節することができ、施術内容に合わせてコントロールが利くところも大きなメリットです。